アーカイブ | RSS |

用語集

  

人事・評価制度 : 目標チャレンジ制度

上司と部下が打合せをしながら目標を立てて仕事に取り組み、6ヶ月?1年間の一定期間ごとに、目標の達成度合いを評価し、業務能力・意欲の向上を目指す制度。

人事・評価制度 : 人事考課制度

従業員の働きぶりを評価するための仕組み。あらかじめ定められた考課表の評価基準に照らし合わせて、5段階評価する「絶対評価」が一般的であるが、より納得性に配慮し、顧客や同僚の評価を取り入れる「相対評価」も考慮に入れる手法もある。人事考課の結果は、給与や昇進などの処遇に反映させるだけでなく、その後の人材育成や配置などに活用する目的で行われる。

人事・評価制度 : 成績考課

主に、仕事の結果を評価するもの。仕事の量・質・成果の他、あらかじめ上司と目標を立てている場合は、その達成度合いなどを評価する。

人事・評価制度 : 意欲考課

仕事に取り組む姿勢や新しい技術・資格の取得への意欲を評価要素とするなど、潜在力を見極めるのに有効な方法。希少な良質の仕事経験を将来性ある人材(コア人材)に割り振るための仕組みづくりへの活用なども考えられる。

人事・評価制度 : 役割・職能等級制度

仕事内容の重要度、仕事の範囲や職責の大きさ、職務難易度、期待される成果などの「役割」「能力」等の基準に基づいて格付けを行い、それを基準にして報酬などの基本的な人事処遇を決定する制度。

(1) 2 3 4 ... 9 »
無料相談お申し込み - 親切・迅速な対応をお約束

介護事業 介護サービス の 社会保険手続き 加入 労働保険手続き 加入 雇用保険手続き加入 労災保険手続き 加入 キャリア形成促進助成金 他 助成金
労働トラブル 労働基準監督署 労働問題 人事制度改革 人事考課 人事制度 報酬 費用
大阪 京都 神戸 エリア 社会保険労務士 (社会保険労務士事務所)

Copyright © 2010-2013 介護人事.net. All Rights Reserved.