HOME  > 用語集  > 年金・退職金  > 確定拠出年金(401k)
アーカイブ | RSS |

確定拠出年金(401k)

企業が掛け金を拠出して、その積み立てた年金資産を従業員個人が自分で運用する年金制度。日本版401k。運用商品も従業員個人が選択することができる。メリットとしては、運用が好調であれば、年金額が増えることのほか、会社にとっては将来必要な資金の予測が容易であることなどがあるが、デメリットとして、従業員にとっては投資リスクを負うことや積み立てた掛け金を原則60歳まで引き出せないこと。会社にとっては、従業員への投資教育が必要になり、管理コストが発生するなどがある。なお、個人が掛け金を拠出して運用するタイプもある。

印刷用ページ 

無料相談お申し込み - 親切・迅速な対応をお約束

介護事業 介護サービス の 社会保険手続き 加入 労働保険手続き 加入 雇用保険手続き加入 労災保険手続き 加入 キャリア形成促進助成金 他 助成金
労働トラブル 労働基準監督署 労働問題 人事制度改革 人事考課 人事制度 報酬 費用
大阪 京都 神戸 エリア 社会保険労務士 (社会保険労務士事務所)

Copyright © 2010-2013 介護人事.net. All Rights Reserved.