HOME  > 用語集  > 賃金制度
アーカイブ | RSS |

用語集

  

賃金制度 : インセンティブ

会社業績が良くなった時のほか、従業員個人の業績アップに対する見返りとして支払われる手当のこと。営業社員の受注実績に対する成果報酬など。介護職においても、利用者の評価が高い職員に対する手当などサービス向上策として活用することが考えられる。

賃金制度 : 職能給

仕事の能力(職務遂行能力)に応じて、支給する賃金のこと。年功的に基本給として支給する他、技能手当や資格手当など手当として支給する形態もある。介護の仕事は直接介護・コミュニケーション・記録・計画立案・部下指導など多岐にわたります。さまざまな能力が要求されることから、介護職員の仕事ぶりから能力を評価し、職能給という形で賃金に反映させる方法が考えられます。

賃金制度 : 職務給

同一労働同一賃金の考え方により、仕事の価値、難易度などにより賃金を決定する方式。年功的な賃金にならない・公正で差別の発生しにくい賃金、というメリットがある。より高い難易度の仕事ができるようになると昇進・昇格することで、賃金が上がる仕組みとなっている。

賃金制度 : 賃金カーブ

年齢を横軸、賃金を縦軸にとり、従業員の賃金の座標点を記録していったときに描かれる曲線。中小企業の場合、一般的に入社から40?44歳ぐらいまでは緩やかに上昇を続け、その後定年60歳を迎えるまで平行線をたどり、定年後は20歳前後の賃金水準まで下降するような形になっている。

賃金制度 : 定期昇給

毎年きまった時期に、実施される昇給のこと。定昇。年齢や勤続年数を重ねるごとに、賃金の一定額が増える仕組み。

(1) 2 »
invalid "func" in <{xugj_block}>
無料相談お申し込み - 親切・迅速な対応をお約束

介護事業 介護サービス の 社会保険手続き 加入 労働保険手続き 加入 雇用保険手続き加入 労災保険手続き 加入 キャリア形成促進助成金 他 助成金
労働トラブル 労働基準監督署 労働問題 人事制度改革 人事考課 人事制度 報酬 費用
大阪 京都 神戸 エリア 社会保険労務士 (社会保険労務士事務所)

Copyright © 2010-2013 介護人事.net. All Rights Reserved.