HOME  > コンテンツ  > 目標チャレンジ制度とは

目標チャレンジ制度とは

介護事業所の人材育成において、もっとも重要な人事施策・制度のひとつが、目標チャレンジ(目標面接)制度です。

目標チャレンジ制度とは、まず半期の初めに上司が目標面接を行い、各介護職員の半年間の目標を設定します。

その後、介護職員が目標を達成できるよう中間面接や随時面接を行い、さまざまな助言や援助を行います。

そして半期末に目標の達成度評価や人事考課を行い、その結果を部下にフィードバックし、育成につなげる育成面接を行うものです。

事業所・管理者・介護職員が一緒になって目標を設定し、それを達成することで、連帯感や士気・モチベーションを高める効果があり、それは「働きがい」に直結するものでもあります。

目標チャレンジ制度の実施例

実施スケジュール例

プリンタ用画面
前
助成金情報
カテゴリートップ
TOP
次
改正労働基準法(介護事業者が気を付けるポイント)

無料相談お申し込み - 親切・迅速な対応をお約束

介護事業 介護サービス の 社会保険手続き 加入 労働保険手続き 加入 雇用保険手続き加入 労災保険手続き 加入 キャリア形成促進助成金 他 助成金
労働トラブル 労働基準監督署 労働問題 人事制度改革 人事考課 人事制度 報酬 費用
大阪 京都 神戸 エリア 社会保険労務士 (社会保険労務士事務所)

Copyright © 2010-2013 介護人事.net. All Rights Reserved.